メールマガジン“ANA Healthy Mail”

メールマガジン“ANA Healthy Mail”

全日本空輸健康保険組合では、ホームページ更新最新情報や各担当からのお知らせ、健康に関する情報を無料にて配信しておりますので、是非ご登録ください。

配信回数は毎月1回。臨時号も随時配信いたします。

NEW! 2020年10月25日号 Vol.98

全日本空輸健康保険組合

――― ANA healthy Mail magazine ―――

□■新型コロナウイルス感染症への不安から、がん検診を控えていませんか?
〜やっぱり受けよう!がん検診〜
■□

日本では2人に1人ががんになり、3人に1人ががんによって亡くなっています。がんは誰もがかかりうる病気ですが、定期的に検診を受診することでがんを早く発見でき、早期治療が可能になります。しかし、今年は新型コロナウイルスが流行し、感染への不安から受診を控えているという方も少なくないのではないでしょうか。医療機関では感染防止のための様々な対策が行われています。まだ受診していない方や予約をキャンセルしてしまった方も、各医療機関のHP等で感染症対策を確認したうえで受診を検討してください。

【がん検診の項目と受診の目安】
若い女性も他人事じゃない!

子宮頸がん[20歳以上の女性/2年に1回/子宮頸部細胞診]

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因となるがんで、若い世代に患者が急増しています。「まだ若いから」「何の症状もないから」と油断をせずに、定期的に検診を受けることが大切です。月経以外での出血やおりものの異常、また腰痛や排尿困難などの症状がすでに出ている方は自己判断をせず、すぐに婦人科を受診しましょう。

日本人女性の9人に1人がかかる!

乳がん[40歳以上の女性/2年に1回/マンモグラフィ検査または超音波検査]

女性の罹患率第1位で死亡数は年間14,000人を超えている乳がんですが、早期発見できれば治る確率は100%といわれています。血縁内に乳がんにかかった方がいる場合は若いうちから検診を受けましょう。40歳未満の方や高濃度乳房といわれたことがある方には超音波検査がおすすめです。また月に1回、乳房の形や位置に左右差がないか、へこみやしこりがないか自分で触って確かめてください。

進行しても無症状の場合が多い!

胃がん[40歳以上の方/1年に1回/胃X線検査]

罹患数・死亡数ともに男性では第2位、女性では第4位の胃がんも、現在は早期発見であれば高い確率で治すことができます。胃X線検査のほか胃内視鏡検査があり、こちらは50歳以上の方の2年に1回の受診が目安です。またピロリ菌に感染している人は、感染していない人に比べて発症のリスクが10倍以上といわれています。当健保の人間ドックやオプション検査を利用してピロリ菌の検査を受けてみるのもおすすめです。人間ドックではABC検査コースという名称で受けられます。ABC検査は血液検査で済みますので体への負担も少ないのです。

喫煙者も非喫煙者も要注意!

肺がん[40歳以上の方/1年に1回/胸部X線検査]

喫煙者は非喫煙者に比べて男性で4.4倍、女性で2.8倍肺がんになりやすく、喫煙年数と量が多いほどリスクが高くなります。また受動喫煙でもリスクは約2〜3割高まるといわれています。自分のためにも周りの人のためにも禁煙は最大の予防策です。ただし、タバコとは関係なくかかる可能性もあるため、喫煙の有無にかかわらず受診は必要です。とくに喫煙者は、胸部X線検査とあわせて喀痰細胞診も受診することをおすすめします。

今、日本人にもっとも多いがん!

大腸がん[40歳以上の方/1年に1回/便潜血検査]

大腸がんは女性のがん死亡数第1位、男女合計での罹患数第1位のがんです。リスクを高める要因として、牛・豚・羊などの赤肉やハム・ソーセージといった加工肉のとりすぎが挙げられます。他にもお酒の飲みすぎや喫煙などの生活習慣も危険性を高めます。生活習慣を見直すとともに、定期的に検診を受けてチェックしておくことが大切です。

がん検診はあなたとご家族の命を守ります!

がんは初期の段階で症状がない場合が多く、受診を後回しにしていると気づかないうちに進行して手遅れになってしまうこともあります。後悔する前に、お早めのご予約と受診を。被扶養者であるご家族の方にも受診をおすすめください。なお、当健保では「がん郵送検診」もご用意しています。自宅で検体を採取してポストに入れるだけ、そして無料の検診ですので、こちらもご利用ください。また、がん検診受診後に「要精密検査」の通知がきた場合は、必ず医療機関を受診しましょう。

参考資料

国立がん研究センター「全国がん登録による全国がん罹患データ2017」

国立がん研究センターがん対策情報センター「部位別がん死亡数2018」

国立がん研究センター社会と健康研究センター予防研究グループ「多目的コホート研究」

国立がん研究センターがん情報サービスHP

全国がんセンター協議会「部位別臨床病期別5年相対生存率2009-2011年診断症例」

全日空健保からのお知らせ

全日空健保ではがん郵送検診の申込みを受付中です。
がん郵送検診では、大腸がん・子宮頸がん・前立腺がんの検査が受けられます。
当初の締め切りは10月30日でしたが、締め切りを11月25日まで延長して皆様のお申し込みをお待ちしております。

詳細は健保HPをご覧ください。

http://www.ana-kenpo.jp/hoken/kenshin/post.html

●――――――――――――――――――――●

◆ ANA Healthy Mail編集・発行 ◆
全日本空輸健康保険組合

◆ 全日本空輸健康保険組合HP ◆
http://www.ana-kenpo.jp/

◆ お問合せ先 ◆
E-mail : kenpo@ana.co.jp

●――――――――――――――――――――●